ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 2話ネタバレ

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 2話ネタバレ

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 2話ネタバレになります。

 

 

翌朝、目を覚ましても相変わらずの異世界の生活。

 

ところがユーリは順応性が高く、「仕事も住むところも見つかったし、これってラッキーだよね」
はりきって朝食を作ろうとします。

 

 

ブライスに冷蔵庫や食糧庫がないか尋ねますが、誰も料理をしないので無いとのこと。

 

 

パンやじゃがいもだけ?健康状態が心配になったユーリは、思わずブライスの服をまくり上げて身体を触りまくってしまいます。

 

 

そこへカーツとキリカがやってきて、ダンジョンルール

 

  • パーティー内恋愛禁止

 

を唱えます。

 

 

ユーリは誤解であることを告げ、食事のことを尋ねると
「ポーションのおかげですよ」とブライス。

 

ポーションを3日に1本飲めば、栄養は採れるのだそう。

 

 

「他に食材はないの?」と尋ねるユーリに、「一応あるよ、まずいけど…」と案内してくれた場所には
たくさんの野菜や米が!

 

さっそくこれらを使って料理をすることに。

 

幸いキッチンや井戸はあるので、お米を自分で精米して炊き上げることに

 

お米をかまどに入れて、炊き上げている間にステータスのチェックやハズレポーションの片づけをします。

 

 

それぞれ朝動いたので、HPが少し減っている状態でした。
ユーリはLV,1なので、ちょっと動いただけて30%も減っていました。

 

 

そして、以前から気になっていた、嗅いだことのあるニオイの黒いハズレポーション。
試しにちょっと舐めてみると、なんと「醤油」だったんです!

 

 

炊きあがったご飯に醤油を塗って、オーブンで焼くと、何とも言えない良い香りが。

 

 

異世界で作った「焼きおにぎり」の出来上がりです!

 

 

 

3人ともはじめてのその味に感動します。

 

 

今後はユーリが料理をして、3人は材料を出し合ったり手伝いをするということで協力してご飯を作ることになりました。

 

そしてこの「ハズレポーション」の料理には、ある驚きの能力があったんです!

 

 

現在「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」は、1巻が無料で読めちゃいます♪

 

page top