ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 最新刊ネタバレ

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 最新刊ネタバレ

 

モンスターコミックスfで連載されている、「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」マンガ版のネタバレ・感想まとめになります。

 

漫画:リスノ
原作:富士とまと
キャラクター原案:村上ゆいち

 

このサイトでは、「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」の各話ごとのネタバレと感想を書いています。

 

 

ごく普通の主婦だった主人公。

 

夫が不倫をして離婚を切り出され、思わず家を飛び出し、仕事をするべくハローワークに来たはずが、なんだか様子がおかしい…?

 

 

なぜだか異世界に来てしまった主人公は、ギルドで一人の男性に出会います。

 

その男性から「冒険者になりたいならポーションを集めるんだ」と連れていかれた先は…?!

 

 

現在「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」は、1巻が無料で読めちゃいます♪

 

 

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」あらすじ

 

主人公のユーリは、学生結婚をして10年になります。

 

夫から「専業主婦になってほしい」と言われましたが、2年目から夫の様子がおかしくなっていきます。

 

なぜか会社の同僚の女性の子どもを預かるようにいわれ、そのままその子の面倒を見ることに。

 

 

しかしその女性と夫は不倫関係にあり、10年目のある日
「彼女に子どもができたから離婚してくれ」
「慰謝料?10年も家でのんびり暮らしてきたくせに冗談じゃない」

とまさかの発言。

 

 

ブチ切れたユーリは、「私だって働いて自活できる!」
と家を飛び出し、ハローワークに突撃!したはずが…

 

「冒険者ギルド・西ヘルナ支部へようこそ♪」と出迎えられます。

 

 

なぜか突然異世界へワープしていたユーリ。

 

 

この世界で生きていくために、「冒険者LV,1」として仕事をはじめることになりました!

 

 

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」最新話までのネタバレ

 

突然異世界の「冒険者ギルド」に飛ばされてしまった、主人公のユーリ。そこに偶然居合わせたS級冒険者のルーファスという男性に、ユーリのレベルでもできる仕事を紹介してもらいます。

翌朝、目を覚ましても相変わらずの異世界の生活。ところがユーリは順応性が高く、「仕事も住むところも見つかったし、これってラッキーだよね」とはりきって朝食を作ろうとします。ブライスに冷蔵庫や食糧庫がないか尋ねますが…

お米と「ハズレポーション」の黒=醤油で作った「焼きおにぎり」が大好評!そして焼きおにぎりを食べ終わったあと、みんなのステータスにある変化が。
なんと「防御力」が+10されていたんです!

 

 

 

 

 

 

 

現在「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」は、1巻が無料で読めちゃいます♪

 

 

 

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」各話レビュー&感想

 

ここからは、「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」各話ごとのレビュー、感想を詳しく書いていきます♪

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」1話

 

しょっぱなからクソ旦那に不倫されて家を出るという、不憫な状況からのはじまり。

 

でも異世界で優しい人たちとの出会い、得意なお料理でパワーアップして、ダンジョンを攻略。
ユーリの新しい第二の人生が始まります。

 

きっと、神様が見ていて、彼女にプレゼントをしてくれたのでしょうね。

 

現地の人の感覚では、ユーリは、中学生ぐらいに見えるらしいのですが…なんか、本当に高校生くらいには見えます(笑)
こんなアラサーは私の周りにはいない…。

 

ユーリはチート能力を持っていなくて、醤油やみりん、酢などの調味料がポーションとして現れるという設定。

 

醤油など飲むことができないポーションは「ハズレ」と呼んでいるのが、なかなかない発想だなと思いました。 

 

そして普通に料理のできるユーリが、「ハズレ」ポーションを使って色々な料理を作っていくのが良いです。

 

基本的に楽しく読めるマンガで、アイディアも話のテンポもいいのでスラスラ読めます。

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」2話

ユーリが「ハズレポーション」を使って調理した料理には、ステータスアップ補正がかかることもわかりました。

 

主人公が戦うファンタジー色はないですが、限られた材料でいろんな料理に挑戦するのが可愛です。

 

肉じゃがが食べたくなりました♪

 

異世界の冒険者たちに料理が浸透していなかったのも、栄養はポーションで補えるという世界観のため、まあ納得。

 

多少ご都合主義ではあるけど、そのおかげで話が面白いから良いと思います。

 

 

「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」3話

 

LV,1のユーリには、スライム以外の戦闘は難しいし魔法も使えません。
その中でも自分のチカラで生きて周りをサポートする姿がとても魅力的だなと思います。すごく健気。

 

決して全てがご都合主義ではないと思います。
自分がもし異世界に行ってこういう風に活躍出来たらいいな?と想少し親近感を覚えました。

 

 

 

 

現在「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」は、1巻が無料で読めちゃいます♪

 

 

page top